効果的なダイエットの仕方

効果的なダイエットの仕方

イメージ

私たちが行うダイエットの種類は、年々増えています。その中でも効果的で簡単に出来るダイエットを紹介していきます。
食事制限で出来るダイエットは、脂質の吸収を抑える方法や野菜や豆腐などのカロリーが低い食品を多く取ることでダイエットをする方法などがあります。
脂質を抑える方法としては、例えばハンバーグだと材料にジャガイモやおからを加えれば、かなりの脂質を抑えられてなおかつ健康にもいいです。
豚肉は、焼き肉で食べればそのまま脂質をとることになりますが、しゃぶしゃぶなどの一度茹でて料理するものは、脂質を落とすことが出来てヘルシーです。
野菜や豆腐で食事制限をする場合は、まずはじめに野菜や豆腐を食べてそれからメインの料理に手を付けるようにすると、食べる量が野菜や豆腐に集中してその他の肉料理などのカロリーが高いものをあまり食べずに済みます。
野菜には食物繊維が豊富に含まれているものがよくて、食物繊維が体に入った脂質や糖類の吸収を緩やかにし、脂肪として蓄えられる量を抑えてくれます。
豆腐は高タンパク低脂質なので、腹が膨れるばかりではなく体の中の脂肪を燃焼させる活動のエネルギーになり、ダイエットをするのに効果的な食材といえます。

 

 

食事制限だけでは根本的なダイエット方法ではなく、体を動かして筋肉を付けたり運動習慣を身につけることでリバウンドしにくい体になります。
運動によるダイエットの方法は、ジョギングや筋肉トレーニングをやることです。

ジョギングは、あまり速く走っても疲れるだけであまり効果が出ないので、疲れを感じにくいようなゆっくりとした速さで走り、その速度を維持して一定時間走ることです。
一定時間走らないと脂肪の燃焼効果は上がらず、早く走ると筋肉を使う無酸素運動に近くなります。
筋肉を付けるダイエット方法は、飽きないように常に新しいトレーニングを行うことと無理のない簡単なトレーニングから始めることです。
常に新しいトレーニングをすることとは、腕立て伏せをしたら次は腹筋、それが終わったらスクワットというふうに流れを決めて次々と新しいものをやることです。
無理のない簡単なトレーニングは、出勤や通学の途中に行えるもので、いつもより荷物を少し多くすれば同じ行動でも筋肉にかかる負荷が増え無意識のうちにトレーニングが出来ます。
このようにダイエットは、自分の体調を崩さないように無理のない範囲で行う必要があるので、簡単に出来るダイエットだからといって過剰に行うとかえって体に負担を掛けることになります。